ソニー、「スマートかつら」の特許を申請

写真提供=US Patent and Trademark Office

写真提供=US Patent and Trademark Office

ロンドン(CNNMoney) ソニーは米国で、頭部にセンサーを取り付けて血圧や脳波などを測定する「スマートウィグ(かつら)」の特許を申請した。

特許申請書類には、視覚障害者が助けを借りずに目的地にたどり着くためのナビゲーション機能など、スマートウィグの実用的な用途が多数記載されている。

無線LANや無線受信機と連動させればゲームを楽しむこともできるという。特にバーチャルリアリティー(仮想現実)などのファンには歓迎されそうだ。

米グーグルのめがね型端末「グーグル・グラス」や韓国サムスン電子の腕時計端末など、業界では身体に装着できる「ウエアラブル技術」に注目が集まっている。

ただしソニー欧州法人の広報によれば、スマートウィグはまだ「基礎的研究の段階で、商品化するかどうかは未定」だという。

ソニーは家電業界が急速に変化する中で、米アップルなどが打ち出してくる革新的な製品を相手に苦戦を続けている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]