グーグルの書籍電子化、著作権侵害に当たらず 米連邦裁

「グーグル・ブックス」が著作権を侵害していると米作家協会は訴えていた

「グーグル・ブックス」が著作権を侵害していると米作家協会は訴えていた

(CNN) 米インターネット検索大手グーグルが進める書籍の電子化・検索プロジェクト「グーグル・ブックス」をめぐり、ニューヨークの連邦裁判所は14日、著作権を侵害されたとする米作家協会の訴えを退けた。

グーグルは2004年にグーグル・ブックスの取り組みを開始。これまでに2000万冊を超える本・雑誌が光学文字認識(OCR)技術を用いてスキャンされ、ネットからの検索が可能になった。

問題となったのは、著作権の切れていない書籍だ。グーグルは公正な利用(フェアユース)に当たるとして、著者や出版社にスキャンの許諾を求めず、使用料の支払いも申し出ていなかったため、出版業界や作家協会の反発を買っていた。

グーグル・ブックスでは著作権の切れた書籍は全文読むことも可能だが、著作権で保護される書籍はネット検索の場合と同様、検索語を含む一部分が表示されるだけだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]