携帯電話の誕生から40年、初の通話は?

携帯電話が40歳に!

(CNN) 40年前の4月3日、米モトローラの副社長だったマーティン・クーパー氏はニューヨーク市内の歩道に立ち、携帯電話から電話をかけた。公の場で史上初めて携帯電話が使われた瞬間だった。

後に「DynaTAC」という製品名で発売されたこの携帯電話は、レンガのようにずんぐりした格好だった。その後40年を経て薄型化と小型化が進み、あらゆる技術が搭載されて、今やタブレットコンピューターの機能まで果たす携帯が登場している。

クーパー氏は昨年のインタビューで、「いつか誰もが(携帯)電話を持つようになるとは思っていたが、自分が生きているうちにそうなるとは想像できなかった」と振り返った。

同氏のチームは当時、携帯電話の開発でAT&Tのベル研究所としのぎを削っていた。1973年4月3日にクーパー氏が使ってみせたのは、約3カ月かけて開発したモデルだった。

そして最初の通話の相手に選んだのは、ベル研究所を率いていたAT&Tのジョエル・エンゲル氏。「ジョエル、私は今、携帯電話からかけているんだ。本物の携帯電話だよ、手に持って移動できる本物の携帯電話だ」と話しかけたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]