NYフィル、今シーズンの全公演を中止

ニューヨーク・フィルハーモニックは来年6月までの全公演を中止すると発表した/Angela Weiss/AFP/Getty Images

ニューヨーク・フィルハーモニックは来年6月までの全公演を中止すると発表した/Angela Weiss/AFP/Getty Images

(CNN) 米ニューヨークを本拠とするオーケストラ、ニューヨーク・フィルハーモニックは13日、来年6月までの今シーズンの全公演を中止すると発表した。州、市当局による新型コロナウイルス感染対策の制限を受けて、苦渋の決断を下したという。

NYフィルは市内で感染拡大が始まった3月から公演を取りやめていたが、シーズン全体の中止は178年に及ぶ歴史のなかでも初めて。デボラ・ボーダ最高経営責任者(CEO)は声明で「深い遺憾の意」を表明した。

「がっかりされたことと思うが、この事態に私たち全員がどれほど打ちのめされているか、どうかご理解いただきたい」と訴える一方、「NYフィルが2世紀近くにわたって存続し繁栄してきたのは、あきらめなかったから。私たちもあきらめない」と強調。8月から市内をめぐって街角コンサートを開いてきた「NYフィル・バンドワゴン」の企画は来春も実施すると表明した。

感染対策の制限内で許される限り、冬にはストリーミング配信の拡大版シリーズも計画中で、近く詳細を発表するという。

ボーダ氏は「観客の皆さんと再会し、コンサートの最初の一音が響く夢のような瞬間を共有できる日が待ち遠しい」と述べ、音楽監督を務めるヤープ・ヴァン・ズヴェーデン氏の名前を挙げて「演奏家たちとヤープを代表し、皆さんに、音楽に、そして人類に乾杯」と結んでいる。

来秋から始まる次シーズンの予定は、春に改めて発表される。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]