コロナ感染者限定、人気観光地のビーチや島を開放 ブラジル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
世界的に有名なビーチがあるフェルナンド・デ・ノローニャ諸島について、新型コロナウイルスの感染を経験した観光客に限って開放することがわかった/MaFelipe/iStockphoto/Getty Images

世界的に有名なビーチがあるフェルナンド・デ・ノローニャ諸島について、新型コロナウイルスの感染を経験した観光客に限って開放することがわかった/MaFelipe/iStockphoto/Getty Images

(CNN) ブラジル北東部ペルナンブコ州の行政当局は30日までに、美観で世界的に有名なビーチがあるフェルナンド・デ・ノローニャ諸島を今週、新型コロナウイルスの感染を経験した観光客に限って開放するとの方針を明らかにした。

ただ、行政当局者は記者会見で、感染の経験を持つ観光客のみに訪問を認める理由には明確に触れなかった。

来島を望む場合、少なくとも過去20日間内にPCR検査で陽性反応を示した結果の証明を要請。また、新型コロナに対する抗体の存在を示す血清調査の結果の開示も求めている。

フェルナンド・デ・ノローニャ諸島は21の火山島で構成。新型コロナの蔓延(まんえん)を受け、今年3月半ばから観光客の受け入れを中止していた。先月31日にはこれら島に自宅を持つ住民や地元の研究者に限って来島を認めていた。

同諸島は国立公園となっており、ブラジル内で最も訪問客が多い人気観光地の1つとなっている。昨年訪れた観光客は10万6000人で、このうちの90%がブラジル人だった。この国立公園は2001年にユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産に登録もされた。

フェルナンド・デ・ノローニャ島にあるサンチョ湾ビーチは今年、旅行サイト「トリップアドバイザー」が世界で最良のビーチとして選んでもいた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]