フランス、打ち合い制してアルゼンチン下す 新星エムバペが2発

19歳のエムバペが2ゴールを決めるなど活躍したフランスがアルゼンチンを下して8強入りを果たした

19歳のエムバペが2ゴールを決めるなど活躍したフランスがアルゼンチンを下して8強入りを果たした

(CNN) ロシアで開催されているサッカーのワールドカップ(W杯)は30日、決勝トーナメント1回戦が行われ、フランスが4-3でアルゼンチンを下した。フランスは19歳の新星エムバペが先制点となるPKを呼び込んだほか、後半に2得点するなど活躍した。メッシを擁するアルゼンチンだったが及ばなかった。

エムバペはこの試合、2ゴールを決めたが、10代での2得点はブラジルの「王様」ペレ以来。

強豪同士の対決は、慎重な立ち上がりで始まったが、フランスのエムバペが徐々に存在感を出し始める。そして、前半10分過ぎ、混戦のなか、フランス陣内でボールを奪ったエムバペがそのままドリブルで持ち上がり、アルゼンチンゴール前まで進入。これがアルゼンチンからPKを引き出すプレーとなった。

これで得たPKをグリーズマンが決めてフランスが先制した。

試合時間が進むなか、フランスはカンテがアルゼンチンのエースFWメッシにぴったりと張り付き、仕事をさせない。

フランスが試合を支配しているかのようにみえたが、前半41分、アルゼンチンのディマリアがゴールから約22メートル離れた位置から強烈なシュートをゴール隅にたたき込み、アルゼンチンが1-1と追いついた。

前半を1-1で折り返した試合は、後半開始早々に点が動く。ゴール前の混戦の中で、メッシからのボールをメルカドがシュートしてフランスゴールを割った。これで、アルゼンチンが2-1とフランスをリードした。

ロシアW杯 試合日程と結果

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]