サッカーW杯、最もおしゃれなチームウエアはナイジェリア

W杯出場国中トップの評価を得たウエアを着て移動するナイジェリア代表の選手たち

W杯出場国中トップの評価を得たウエアを着て移動するナイジェリア代表の選手たち

ナイジェリア・ラゴス(CNN) モスクワで14日開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する32チームのユニホーム、移動用の衣装や練習着についての複数のアンケート調査でナイジェリア代表のものが最もおしゃれとの評価を得た。

これらの調査は英国テレビ局「スカイ」や国際的な男性誌「GQ」などが実施した。「スーバーイーグルス」の愛称を持つナイジェリア代表チームの衣装はスポーツ用品大手「ナイキ」のデザイン。

公式の販売日当日に世界的に既に売り切れたともされ、ロンドンのナイキ店では終始行列が絶えなかった。同サッカー連盟によると、公式販売前の事前注文は300万件あったという。

移動用の衣装は、地元で「カフタン」と呼ばれる伝統的な長袖の上着、ズボン、靴や帽子で構成されている。緑、白、緑の構成となっている同国国旗の彩色を取り入れ、上着には緑色のワシが描かれている。

ナイジェリアのサッカー連盟が画像をインターネットで公開したところ、ソーシャルメディアで大きな反響を呼んだという。「ファッションに関して言えば、ナイジェリアがボールを蹴(け)る前、優勝トロフィーを掲げることになるだろう」などの書き込みがあった。

ただ、今回の衣装はナイジェリア国外であつらえられたためサッカー連盟は国内の製造能力を高める機会を逸したとの批判も出ている。著名政治家は国内の工場が手掛けていれば1億米ドル(約110億円)の収入につながっていた可能性もあるとした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]