韓国大使館にメキシコ人殺到、英雄扱い W杯のドイツ撃破で

メキシコサポーターが敗退の危機を救った韓国チームをたたえてお祭り騒ぎ

メキシコサポーターが敗退の危機を救った韓国チームをたたえてお祭り騒ぎ

(CNN) サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で韓国が前回王者ドイツを破ったことを受け、メキシコの首都メキシコ市では27日、韓国大使館前に大勢のファンが殺到した。メキシコはスウェーデンに0―3の敗北を喫したものの、韓国対ドイツ戦の結果により決勝トーナメント進出を果たしている。

大使館前に集まった人々は「わが兄弟の韓国人、君たちはこれからメキシコ人だ」と連呼した。

ソーシャルメディアに投稿された動画には、韓国の駐メキシコ大使と総領事が出てきてファンとお祭り騒ぎに加わり、勧められるままにテキーラのショットを飲む様子が映っている。

米紙ニューヨーク・タイムズの記者のツイッターによると、総領事は「彼らはクレージーだが、今日は私もクレージーだ」と語った。

大使館職員がファンと一緒にメキシコの古い民謡を歌う光景を収めた動画もある。

お祭り騒ぎの大半が集中したのはメキシコ市の中心部。この場所では夕方に人々が集まり、大型の屋外スクリーンで試合の生中継を観戦していた。

大部分の時間帯、ファンのムードは重苦しかった。メキシコ代表がスウェーデンに完敗する見通しとなり、W杯での夢が絶たれるものと思い込んだためだ。

だがそこで韓国のキムヨングォンとソンフンミンのゴールが決まり、ドイツの1次リーグ敗退が決定。メキシコは決勝トーナメント進出を確保した。

ロシアW杯 試合日程と結果

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]