最初のムーンウォーク時に着用、マイケル・ジャクソンの靴が競売に

2018.04.23 Mon posted at 11:25 JST

[PR]

(CNN) 「キング・オブ・ポップ」と呼ばれたマイケル・ジャクソンが1980年代のテレビ特番で初めて「ムーンウォーク」を披露した際にはいていたとされるローファーが競売にかけられることが23日までにわかった。来月実施予定の競売で1万ドル以上の値が付くとみられている。

ジャクソンはフローシャイム・インペリアルの革靴を所有しており、1983年5月に放映されたテレビ特番のリハーサルの際に、その革靴をはいていた。

ローファーの競売を行うGWSオークションズによれば、ジャクソンはこのリハーサルで、初めて、後ろ向きに滑って進むダンスのムーンウォークを披露したという。

GWSオークションズのオーナーは「非常に抑えた試算」として、落札価格は1万ドルとの見通しを示した。

ローファーは古いものの割には状態が良く、靴底には実際に使用された証拠となるサインも入っているという。

このローファーは振付師でダンサーのレスター・ウィルソン氏が所有していた。ウィルソン氏によれば、リハーサル後、控室でジャクソンが靴をくれたという。

GWSオークションズによれば、このローファーが実際に特番のステージでも着用された可能性があるという。証明書によれば、ジャクソンはこのローファーを「魔法の靴」と呼んだが、その後、表舞台に出てくることはなかった。

競売は5月26日に開催される。

ジャクソンは2009年に50歳で亡くなった。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]