サメの襲撃相次ぐ、サーフィンの大会中止に 豪

豪南西部の名所で開かれるサーフィンの大会がサメの影響で中止に

豪南西部の名所で開かれるサーフィンの大会がサメの影響で中止に

(CNN) 世界プロサーフィン連盟(WSL)は19日までに、オーストラリアで開催予定だったプロサーフィンの大会を中止すると発表した。サメによる襲撃が相次いだためとしている。

サーフィンの大会「マーガレットリバープロ」は、西オーストラリア州のマーガレットリバーで予定されていた。WSLによれば、近くの町でサメによる襲撃が2件発生した。海岸にクジラが打ち上げられているという特異な状況のため、サメがさらに攻撃的な行動をとる恐れがあるという。

WSLは声明で、安全性を第一に考えていると述べた。

WSLのコミッショナー、キーレン・ペロー氏は、「今回の決断は非常に難しいものだった」と指摘。関係者全員から話を聞いたほか、状況や地元からの情報をすべて精査したとしている。

2015年には、3度の世界王者に輝いたミック・ファニング氏が南アフリカの大会でサメに襲われる出来事があった。ファニング氏によれば、サメを殴り、サーフボードを盾にして身を守ったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]