ポルトガルがロスタイム同点弾、米と引き分け W杯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国、ポルトガルと2-2の引き分け

(CNN) サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は第11日の22日、1次リーグG組の米国対ポルトガル戦が行われ、ポルトガルが後半ロスタイムに同点弾を決めて2―2で引き分けた。

ポルトガルは前半5分、アメリカのDFキャメロンのクリアミスをFWナニが拾って得点。GKベトの好セーブなどで米国にゴールを割らせず、1-0のリードで前半を終えた。

後半に入ると米国は右サイドからのカウンター攻撃などで攻勢を強め、同19分にジョーンズが得点。さらに同36分には、初戦のガーナ戦で鼻を骨折したデンプシーがゴールを決めて2―1と逆転した。

後がないポルトガルは5分間と表示されたロスタイムも終わりかけの時、FWバレラがヘディングで値千金のゴールを決め同点に。試合はそのまま終了し2―2で引き分けとなった。

ポルトガルはドイツ戦で退場処分を受けたDFペペや、負傷したFWアルメイダやDFコエントランを欠く厳しい戦いとなったが、土壇場で決勝トーナメントへの望みをつないだ。G組の次戦、ポルトガル対ガーナ戦、米国対ドイツ戦はそれぞれ26日に行われる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]