韓国、アルジェリアに敗れる ベルギーは勝って決勝T進出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アルジェリアのスリマニ(中央)が先制ゴール。アルジェリアが4-2で韓国を下した

アルジェリアのスリマニ(中央)が先制ゴール。アルジェリアが4-2で韓国を下した

(CNN) サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会の第11日は22日、1次リーグの試合が行われ、H組の韓国対アルジェリアは、アルジェリアが4―2で勝利した。同日、同組ベルギー対ロシアの試合も行われ、ベルギーが試合終了間際の得点で1―0でロシアを下した。

アルジェリアは前半26分、FWスリマニのゴールで先制。同28分にはDFハリシェ、その10分後にはFWジャブがそれぞれ得点を決め、前半を3-0の大量リードで終えた。

韓国は後半5分、孫興民(ソンフンミン)が1点を返したが、同17分にはアルジェリアのブラヒミに得点され再び3点差に。韓国は後半27分に具滋哲(クジャチョル)がゴールするも反撃はここまで。4-2でアルジェリアが1982年大会以来の勝利を収めた。

ベルギー対ロシアの試合は、両チームとも決定機を作るも試合終了間際までゴールは生まれず。このままスコアレスドローかと思われた後半43分、ベルギーの19歳のFWオリギがゴールを決めた。勝利したベルギーは決勝トーナメントへの進出が決定した。

H組の次戦、アルジェリア対ロシア、韓国対ベルギーはそれぞれ26日に行われる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]