日本、ギリシャと引き分け コロンビアは勝利 W杯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
GK川島がボールをパンチング

GK川島がボールをパンチング

(CNN) サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会は第8日の19日、1次リーグC組の日本対ギリシャ戦が行われ、0―0で引き分けた。

同日行われたC組コロンビア対コートジボワール戦はコロンビアが2-1で勝利、D組ウルグアイ対イングランド戦はウルグアイが2-1で勝った。

ギリシャは前半38分、MFカツラニスが退場処分になり10人で戦う苦しい展開になったが、日本の攻撃をしのいだ。日本もGK川島の好セーブなどでギリシャの得点を許さなかった。

コロンビア対コートジボワールは、どちらも得点のないまま前半を終えたが、後半19分にロドリゲスがコーナーキックを頭で決めてコロンビアが先制。同25分にはキンテロがロングシュートを決めて突き放した。コートジボワールは同28分に1点を返したものの、あと一歩及ばなかった。

ウルグアイ対イングランドは、英プレミアリーグのリバプールに所属するウルグアイのスアレスが2点を入れる活躍を見せた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]