ブラジルW杯観戦、宿泊先はリオのスラム街?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

W杯観戦、宿泊先はリオのスラム街?

リオデジャネイロ(CNN) 6月に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会の観戦に訪れるファンの宿泊先に、リオデジャネイロのスラム街が名乗りを上げている。

リオの丘の斜面に広がるスラム街では、ワールドカップ期間中に自宅のベッドや部屋を観光客に貸そうと、多くの住民が準備を始めた。家を丸ごと貸すという人もいる。手ごろなユースホステルの建設も進んでいる。

市内のリゾート地区、コパカバーナやイパネマの海岸のホステルはワールドカップ期間中、宿泊料が一泊400ドルと、通常の10倍ほどに跳ね上がる。ホテルになるとさらに高く、連泊が条件となる所も多い。一方、スラム街のひとつ、ヴィディガル地区にある「アルト・ヴィディガル・ホステル」の二段ベッドなら一泊65ドル。通常の4倍の料金だが、それでも比較的安く泊まることができる。

もちろん、安さと引き換えに目をつぶらなければならない点は多い。部屋が質素なだけでなく、道路にごみが積み上がっていることも多い。電気や上下水道はお世辞にも整備されているとは言えず、交通網も信頼できない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]