写真特集:ボリビアのアンデス山脈、新種が続々見つかる

科学者はボリビア・アンデスのゾンゴ渓谷で20種もの新種を発見した。写真は「マウンテン・フェルドランス」と名付けられた毒蛇で大きな牙と頭部の熱感知穴で獲物を検知する/Courtesy of Conservation International / Trond Larsen

科学者はボリビア・アンデスのゾンゴ渓谷で20種もの新種を発見した。写真は「マウンテン・フェルドランス」と名付けられた毒蛇で大きな牙と頭部の熱感知穴で獲物を検知する/Courtesy of Conservation International / Trond Larsen

南米ボリビアのアンデス山脈を探検した環境保護団体の調査団が、ヘビやカエルなどの新種20種を発見し、何十年も目撃情報がなく絶滅したと思われていた動物や植物も見つかったと発表した。見つかった動植物の一部を写真で見る

アンデス山脈に新種20種、絶滅と思われた種も発見 ボリビア

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]