世界最長寿のゾウガメ「ジョナサン」、今年で190歳に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今年で190歳のゾウガメ「ジョナサン」/Mathias Falcone

今年で190歳のゾウガメ「ジョナサン」/Mathias Falcone

(CNN) 南太平洋の孤島セントヘレナ島に生息するゾウガメの「ジョナサン」が、今年で190歳の誕生日を迎える。

ギネス・ワールド・レコーズは、ジョナサンを史上最高齢のカメ目(海や陸に生息するカメを全て網羅)と認定した。

ジョナサンが誕生したのは推定1832年ごろ。後の総督となるウィリアム・グレイウィルソン卿に贈られて、82年に東アフリカのセーシェルから英領セントヘレナ島に到着した。

観光局によると、実はジョナサンの正確な年齢は誰にも分からないといい、実際には200歳の可能性もある。

かつてカメ目の最高齢だったホウシャガメの「トゥイ・マリラ」は少なくとも188歳まで生きた。英探検家のキャプテン・ジェームズ・クックが1777年ごろトンガの王族に献上したカメで、死んだのは1965年だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]