世界最長寿のゾウガメ「ジョナサン」、今年で190歳に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
約2世紀の間、ジョナサンの世界はほとんど変わっていない/Mathias Falcone

約2世紀の間、ジョナサンの世界はほとんど変わっていない/Mathias Falcone

ジョナサンが生まれて以来、世界は激変した。しかしジョナサンの世界はほぼ2世紀の間、ほとんど変わっていない。主な関心事は相変わらず寝て、食べて、交尾することにある。

高齢のために目が見えなくなって嗅覚(きゅうかく)も失い、地面に餌を置いただけでは気づけなくなったことから、今は手から餌を食べさせている。

ギネスによると、それでも聴力は素晴らしく、獣医師の声にはよく反応するという。

獣医師によると、一部の感覚は衰えていても、ジョナサンはまだエネルギーに満ちている。

ほかに3頭のゾウガメと一緒に暮らすジョナサンの好物はキャベツ、キュウリ、ニンジン、リンゴなど季節の果物。メスの「エマ」や、時にはオスの「フレッド」とも交尾する姿が頻繁にみられると獣医師は話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]