雄ゴリラで世界最高齢、米アトランタの「オジー」死ぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
雄ゴリラの世界最高齢だった「オジー」が61歳で死んだ/From Zoo Atlanta

雄ゴリラの世界最高齢だった「オジー」が61歳で死んだ/From Zoo Atlanta

(CNN) 米ジョージア州のアトランタ動物園で、雄ゴリラとしては世界最高齢だった「オジー」が死んだ。

動物園の発表によると、死因はまだ分かっていない。

オジーは61歳、体重約160キロのニシローランドゴリラ。同園に1988年、アフリカ熱帯雨林の展示が開設された時にやって来た第1世代のゴリラだった。

職員は先週から食欲の減退に気づき、なんとか食べさせようとしていた。最期の24時間は顔がはれて元気がなく、食べ物も飲み物ものどを通らない状態で、チームに看病されていた。死因を調べるため、死骸(しがい)の解剖が予定されている。

この数日前には、オジーと同じ獣舎で15年以上過ごした雌ゴリラのチューンバが老衰のため、59歳で死んだばかりだった。

オジーはお気に入りのコーナーで昼寝する姿がよく見られた。好物はオレンジやキャベツで、スタッフの呼び掛けに声を上げたり、ドアや窓をたたいたりして答えた。

ニシローランドゴリラは絶滅の危機にある野生生物に指定されている。密猟や病気により、生息数はこの20~25年で6割以上減ってしまった。

オジーには、アトランタ動物園にいる娘と息子、孫娘たちのほか、米国内やカナダの動物園に合わせて20頭以上の子孫がいる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]