野生のシカの首にかかったタイヤ、ようやく取り外しに成功 米コロラド州

2年ぶりに見つかったシカを麻酔で眠らせ、首にかかったタイヤを外すことに成功/Courtesy Dan Jaynes/Colorado Parks and Wildlife

2年ぶりに見つかったシカを麻酔で眠らせ、首にかかったタイヤを外すことに成功/Courtesy Dan Jaynes/Colorado Parks and Wildlife

(CNN) 米コロラド州デンバー郊外の自然保護区で、首にタイヤが巻き付いたアメリカアカシカが初めて目撃されたのは2年以上前だった。同州公園野生生物局(CPW)は11日、何度も試みた末に、ようやくこのシカをタイヤから解放できたと発表した。

首にタイヤが巻き付いたシカは、CPWが2019年7月、ロッキー山脈に生息するオオツノヒツジやシロイワヤギの個体数調査を行った際に発見された。しかし野生のシカに人間が近づくことは難しく、過去2年の間、なかなか発見できない状況が続いた。

山道に設置したカメラには何度か姿が映り、このシカがパーク郡とジェファソン郡の間を行き来していることが判明。CPWは観察を続け、タイヤが飲んだり食べたりする妨げにはなっていないことを確認した。

それでも木の枝やフェンス、別のシカの角などにタイヤが絡まる事態が危惧されたことから、住民の目撃情報を期待して映像や画像を公開していたところ、先週になって住民から情報が寄せられた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]