2700年前の「贅沢」なトイレ、王族の邸宅跡で発見 エルサレム

石灰岩でできた珍しい古代のトイレ/Yoli Schwartz/Courtesy IAA

石灰岩でできた珍しい古代のトイレ/Yoli Schwartz/Courtesy IAA

(CNN) 中東エルサレムで行われている考古学の発掘調査で、王族の邸宅跡から2700年前のトイレが発見された。

イスラエル考古学庁(IAA)の6日の公表によると、紀元前7世紀末にさかのぼる私用トイレの個室は、「ダビデの町」と呼ばれる遺跡や「神殿の丘」を見晴らす建物の遺構で発見された。

IAAによるとこの王族の土地は、アッシリアによってイスラエルが壊滅させられる以前、ユダ王国時代の末期に使われていたという。

研究者はここに壮麗な建物が建っていたと考えている/Yoli Schwartz/Courtesy IAA
研究者はここに壮麗な建物が建っていたと考えている/Yoli Schwartz/Courtesy IAA

石を切って作られたトイレは長方形の部屋で、深い汚物槽の上に石灰石でできた便器が乗っかる。便器は座りやすいように設計され、真ん中には穴がある。

同庁発掘部門の責任者であるヤコブ・ビリング氏は、古代における私用トイレの個室は非常に珍しく、これまで数件の発見例しかないと指摘。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]