スペースX、ファルコン9の打ち上げ成功 今年25回目

スペースXは13日に今年25回目のファルコン9の打ち上げを実施/SpaceX

スペースXは13日に今年25回目のファルコン9の打ち上げを実施/SpaceX

(CNN) 米スペースXは13日、衛星ラジオ会社シリウスXMの衛星を搭載したロケット「ファルコン9」の打ち上げに成功した。

フロリダ州のケープ・カナベラル宇宙軍基地から東部時間同日午後0時半に打ち上げられた。航空宇宙局(NASA)によると、ファルコン9の打ち上げは今年25回目。

スペースXは、ロケットの1段目ブースターが大西洋上にあるドローン船に着陸したと発表した。同ブースターは上昇時に分離し、エンジンやフィンを使ってドローン船に軟着陸することができる。

今回使われた再利用可能なブースターは、これまで7回回収されている。先月の国際宇宙ステーション(ISS)への宇宙船「クルードラゴン」による有人飛行にも使われた。

ファルコン9の1段目ブースターの回収成功は13日で69回目となった。

同日1時過ぎに、スペースXはロケットの搭載衛星「SXM―7」を無事軌道に乗せたと発表した。

数日前には、同社は開発中の巨大ロケットの無人実験機「SN8」をテキサス州にある同社の実験場から打ち上げ、8マイル(約1万3000メートル)の上空まで到達させることに成功した。ロケットは計画通りに降下したが、地面に墜落して巨大な炎と煙に包まれる状況となっていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]