観光客のいない国立公園、ライオンたちものんびり 南アフリカ

道路に寝そべるライオンの群れ/ Richard Sowry/Kruger National Park

道路に寝そべるライオンの群れ/ Richard Sowry/Kruger National Park

(CNN) 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)により世界各地で外出制限などが実施されるなか、南アフリカのクルーガー国立公園では観光客の不在によって、ライオンの群れが道路に寝そべるなどしてのんびり過ごしている様子が撮影された。

撮影された画像には、ライオンの群れはパークレンジャーによる撮影も気にすることなく、道路に横になっている姿が捉えられている。

クルーガー国立公園によれば、今回撮影されたライオンの群れは、同国立公園を訪れた観光客が通常は見ることのない場所で生活しているという。

撮影されたのは通常なら観光客の多い場所だが、南アフリカでは新型コロナウイルスの感染拡大抑止のために3月25日から全国規模のロックダウン(都市封鎖)が行われている。

南アフリカで全国規模のロックダウンが行われる中、クルーガー国立公園も閉鎖中となっている/ Richard Sowry/Kruger National Park
南アフリカで全国規模のロックダウンが行われる中、クルーガー国立公園も閉鎖中となっている/ Richard Sowry/Kruger National Park

同公園の広報担当によれば、昼間は通常交通量も多く、ライオンたちも茂みの奥に引っ込んでしまうため、道路に寝そべる姿は珍しいという。

南アフリカ国立公園局によれば、観光客の訪問は禁止されたが、食料の配送や治安維持、犯罪の取り締まりなどは引き続き行われているという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]