米NY市警、新型ウイルスの死者29人に 警官の15%が病欠

米ニューヨーク市警で、新型コロナウイルスによる死者が29人となった/Spencer Platt/Getty Images/FILE

米ニューヨーク市警で、新型コロナウイルスによる死者が29人となった/Spencer Platt/Getty Images/FILE

(CNN) 米ニューヨーク市警(NYPD)は19日、警察官がまた1人、新型コロナウイルスのために亡くなったと発表した。これで新型ウイルスに関連したNYPDの死者は29人になった。

ダーモット・シアNYPD本部長のツイッターによると、交通違反の取り締まりを担当していた警察官のジェイソン・ルイスさんは、新型コロナウイルス感染の合併症のため、18日に死去した。

ニューヨーク市の公式サイトによると、市内で確認された新型コロナウイルスの症例数は約13万例。ジョンズ・ホプキンス大学の統計によれば、これは全米で報告された74万6379例の約17.5%に当たる。

ニューヨーク市警では、これまでに4000人以上の陽性反応が出ており、警察官は全体の14.7%に当たる5324人が18日の時点で病欠していた。

一時は病欠者の割合がほぼ20%に達したこともあったが、2000人以上は回復して仕事に復帰している。

病欠者のうち、警察官約1855人と、事務職員375人が新型コロナウイルス感染症と診断されている。

シア本部長は16日、犠牲者を追悼するため、NYPDの全職員が喪章をつけ、警察の全施設で半旗を掲げると表明していた。

ニューヨーク州のクオモ知事は19日、州全体で入院患者の割合が減っていると述べ、そうしたデータから判断すると、ピークは過ぎて下降しつつあるとの認識を示した。

ただ、「この下降が続くかどうかは我々の行動にかかっている」と述べ、引き続き行動制限を続ける必要があると強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]