地下鉄に響くオペラの歌声、ホームレス女性が乗客魅了 LA警察が動画投稿

地下鉄での歌声が話題を集めるホームレスの女性に、支援の申し出が相次いでいる/LAPD

地下鉄での歌声が話題を集めるホームレスの女性に、支援の申し出が相次いでいる/LAPD

(CNN) 米カリフォルニア州ロサンゼルスの地下鉄の駅構内で、ホームレスの女性が美しい歌声を披露して通勤客らを魅了している。

歌っているのはエミリー・ザモールカさん(52)。イタリアの作曲家プッチーニのオペラ曲「オ・ミオ・バッビーノ・カロ」を披露する姿を警官がビデオで撮影し、ロサンゼルス警察がソーシャルメディアに掲載したことをきっかけに、「サブウェイ・ソプラノ」として有名になった。

動画の中のザモールカさんは、左手にレジ袋や紙袋を下げ、右手は所持品を詰めたカートの上に置いた姿で歌声を披露している。

ザモールカさんに取材したCNN系列局のKABCによれば、ザモールカさんは24歳の時にロシアから渡米。バイオリンとピアノの演奏を学んだ経験があり、ストリートパフォーマンスで生計を立てるようになった。

ところが3年前、男にバイオリンを壊され、手首にけがをして演奏ができなくなった。このため家賃などが払えなくなってホームレスになり、駐車場に段ボールを敷いて寝泊まりしているという。

地下鉄の駅で歌う時はステージに立っているような気持ちになるというザモールカさん。動画は9月26日以来、80万回あまり再生され、支援したいという申し出が相次いでいる。

ニュースでザモールカさんのことを知ったという男性は、クラウドファンディングサイトのGoFundMeを通じて寄付を募り、これまでに3万5000ドル(約370万円)以上が集まった。

ロサンゼルス市議会のジョー・バスカイーノ議員はザモールカさんを支援すると表明。ロサンゼルスのリトルイタリーで5日に開かれるイベントに、ザモールカさんが出演することになったと発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]