ヒトラーの生家、取り壊しへ オーストリア政府が発表

ヒトラーの生家が取り壊されることになった

ヒトラーの生家が取り壊されることになった

(CNN) オーストリア北西部ブラウナウ・アム・インにあるナチス・ドイツの独裁者、ヒトラーの生家が、長年に及ぶ議論の末、取り壊されることになった。同国内務省の報道官が17日に発表した。

ブラウナウ・アム・インはドイツ国境沿いの町。家はクリーム色の3階建てで、古びた窓や汚れが年代を感じさせる。

ヒトラーは1889年にここで生まれた。ネオナチ団体のメンバーらがたまに訪れることを除けば、特に目立った特徴はない。

この家をどうするかについて、専門家ら13人で構成する委員会が議論を続けてきた。その結果、ネオナチの聖地にさせないよう取り壊して生家の痕跡を消し、新たなビルを建てるのが妥当と判断された。

オーストリアのソボトカ内相は「大規模な建て直しが必要だという委員会の意見に同意する」と述べた。

これを受けて政府は18日、家の収用に向けた法案の検討に入る。取り壊した後は慈善団体や政府機関のビルを建てる案などがあり、当局が議会での承認を経たうえで決めることになる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]