「グレートバリアリーフ死去」、雑誌の死亡記事で物議

オーストラリアのグレートバリアリーフの訃報記事が掲載された

オーストラリアのグレートバリアリーフの訃報記事が掲載された

(CNN) 「オーストラリアのグレートバリアリーフが2016年、長い闘病の末に死去した。2500万年の生涯だった」――。米アウトドア雑誌アウトサイドにそんな「死亡記事」が掲載され、読者や専門家の間に戸惑いや反論の声が広がっている。

グレートバリアリーフはユネスコの世界遺産に指定された世界最大のサンゴ礁。アウトサイドの記事はその生涯や生態系の中で果たした役割、世界的な名声を紹介し、サンゴの白化のために健康状態が悪化して、2016年に死亡したと結んでいる。

これについてサンゴ礁の生態系に詳しい米海洋大気局(NOAA)のラッセル・ブレイナード氏はハフィントンポストの取材に対し、記事の狙いは事態の深刻さを訴えることにあるようだが、文脈が分からない読者は「額面通りにグレートバリアリーフが死んだと受け止めてしまうだろう」と懸念を示した。

実際にソーシャルメディアでは誤った情報が広まっている。ツイッターにはグレートバリアリーフの死を悼み、この結末に目を向けて深刻に受け止めるよう促す投稿が掲載された。

死亡記事を執筆したのはグルメや環境問題を担当する記者で、科学者ではない。しかし一部メディアは科学者がグレートバリアリーフの死を宣告したと伝え、一層の誤解を招いた。

一方で誤解を解こうとする投稿も掲載されている。生態学的な持続可能性を追求する団体はツイッターへの投稿で「グレートバリアリーフは死にかけているが、死んではいない! まだ手遅れにはなっていない。あきらめてはいけない」と訴えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]