世界最高齢の飼育パンダ死ぬ、人間なら114歳 香港

パンダの「ジアジア」

パンダの「ジアジア」

(CNN) 香港の「オーシャンパーク」で飼育されていた世界最高齢のジャイアントパンダ「ジアジア(佳佳)」が16日、死んだ。過去17年はオーシャンパークで暮らしていた。

同園の声明によれば、ジアジアはここ数週間で食欲が落ち、体重が減るなど体調が悪化していた。

16日には、1日のほとんどを横になって過ごすことしかできなくなっていた。同園は、これ以上の苦しみを避けるために、ジアジアの安楽死を決め、現地時間午後6時に処置を行ったという。

ジアジアの年齢は人間でいうとおよそ114歳だという。専門家によれば、野生でのパンダの寿命は20年以下。飼育されていても20年あまりだという。

ジアジアは野生で生まれ、1980年に保護された。1999年に香港に贈られた。同園によれば、ジアジアを見ようと2900万人以上が訪れたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]