ゾウの赤ちゃん、川で恩人を「救助」 保護団体が映像公開

2016.10.18 Tue posted at 10:23 JST

[PR]

(CNN) タイのチェンマイにあるゾウの自然公園で、川を流されていく男性のもとにゾウの赤ちゃんが駆けつけて「救助」する映像を保護団体がこのほど公開した。

川の中の男性は同自然公園を運営するゾウ保護財団の共同創設者ダリック・トムソンさん。川岸にいたメスの赤ちゃんゾウ「カームラー」は、自分に向かって呼びかけるトムソンさんの声を聞いて助けを求められていると解釈し、水に入ってトムソンさんに追いつき、体で流れをさえぎりながら鼻を伸ばしてトムソンさんにつかまらせた。

実はトムソンさん、溺れていたわけではなかったが、カームラーはトムソンさんのことが大好き。いつも声をかけるとやって来て、一緒に公園内を散歩したり、川で水浴びをしたりして過ごしていた。

同団体の職員によると、トムソンさんは2015年、カームラーと母ゾウの保護に尽力し、「その後も一緒に過ごして心の傷を癒やし、カームラーに愛情を注いでいた」という。「間もなく強い絆が生まれ、カームラーはトムソンさんを群れの一員として受け入れるようになった」

これまでに保護されたゾウは70頭以上。年を取ったゾウや障害のあるゾウが大半を占めており、公園内で自由に暮らしている。

「愛情を持って動物たちに接すれば、その動物も愛情を返してくれる」。同団体はそんな単純な信条に基づき運営されている。

メールマガジン

[PR]