ひらめきを得るための10の秘訣 認知神経学の現場から

緑のようなアウトドアの色彩も、ひらめきにつながりやすい

緑のようなアウトドアの色彩も、ひらめきにつながりやすい

色彩が鍵

青や緑のようなリラックス効果があるアウトドアの色彩は、洞察を生みやすい心理状態を作る。一方、赤のような「緊急」色は洞察を抑制してしまう。意外なことに、暗い色や薄暗い照明も効果的だ。視覚に映り込む細部をぼかすことが、抽象的な思考を触発する。

変化をつける

変わり映えのしない環境では思考も停滞してしまう。変化をつけるのが重要だ。毎日の通勤ルートや喫茶店など、時には日々の習慣を変えてみるのも良い。職場や家庭で、家具の配置や室内の装飾を再考してみよう。いろいろな場所で会議を開いてみるのも有効だ。

多様性を受け入れる

周囲の色に染まらない友人を仲間の輪に入れておくよう心がけよう。独特の考え方を持っているため、通常とは異なる角度から問題を解決してくれるはずだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]