ひらめきを得るための10の秘訣 認知神経学の現場から

仮眠を取ることも、ひらめきに通じるという

仮眠を取ることも、ひらめきに通じるという

仮眠を取る

睡眠が思考を活性化させることは周知の事実だ。睡眠不足だと、些末(さまつ)なことに心がとらわれてしまい、創造性を殺す結果になる。十分な睡眠を取ることで、一見したところ雑多なアイデアの間に隠れたつながりを見つけやすくなる。

1日の山場となる時間帯を見つけ、その時間を外す

洞察が最も生まれやすいのは、自己抑制の力が弱まったときだ。集中が緩んだ時間帯には、意識が鋭敏なときには思いつかないような遠隔連想への認知が高まる。朝型の人は夜、夜型の人は朝に創造的な仕事をやるのが良い。

不安を減らすためには何でもやろう

心理状態というのは移り変わるものであり、洞察が生まれるような気分に落ち着くのには時間がかかる。リラックスした状態で自由に発想するため、まとまった時間を確保しておくと良い。電話を切ったり時計を外したりするなどした上で、気ままに思考を巡らせよう。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]