「やりたいことをしなさい」は間違い? 情熱と仕事の距離感とは

「やりたいことをやる」のが最良のキャリア形成ではないことも

「やりたいことをやる」のが最良のキャリア形成ではないことも

(CNN) キャリア形成に関しては、「やりたい仕事をしなさい」といったアドバイスがはやりだ。だが、筆者はこの数年間、仕事に満足するための戦略について調べてきたが、「やりたい仕事をしなさい」と勧めることには問題が多いことが早い段階で明らかになった。

第1に、このアドバイスは科学的根拠に欠ける。職場におけるモチベーションや満足感は広く研究対象となっており、幸福な従業員が優秀な従業員であることはある。

しかし、望んでいた仕事に就くことが重要だとする調査結果はほとんどないのだ。大半の研究は、仕事における裁量権や適性を感じることなど、様々な仕事に存在する条件が重要であることを示しており、あなたがピッタリだと思う仕事に就けなければ幸せになれないという考えとは矛盾している。

第2に、仕事が大好きだという人を調べてみると、始める前からその仕事に就きたかったという人はまれだという研究もあり、「やりたい仕事をしなさい」というアドバイスにはさらに疑問が膨らむ。

人生でやりたいことを早い段階で見いだす人も一部にはいるが、大半の人は、色々な経験や職歴を積みながら、時間をかけて徐々に大好きな仕事を見出すのである。

ただし、「やりたい仕事をしなさい」というアドバイスが間違いだということではあっても、仕事を大好きになることを諦めろという意味ではない。そうするために必要な戦略が複雑なものだということを示しているのだ。

以下の3項目は、仕事を大好きになる方法として筆者の研究の中で良く出てくるものだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]