過去最多の450万人が離職、米3月雇用統計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米LAのレストランに掲げられた従業員募集のメッセージ/Frederick J. Brown/AFP/Getty Images

米LAのレストランに掲げられた従業員募集のメッセージ/Frederick J. Brown/AFP/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米労働統計局が3日に発表したデータによると、米国の労働市場は3月も活況を呈し、過去最多の450万人が離職した。

離職者数の増加は専門職とビジネスサービス業、建設業で最も顕著だった。全体の離職率は3%に上昇し、昨年12月以来の水準となった。

「雇用主が労働者にオフィス復帰を求める中、離職は増加の一途をたどっている。リモートワークの機会を見つけるというのが辞める大きな理由だ」と、求人サイトを運営するジップリクルーターのチーフエコノミスト、ジュリア・ポラック氏はツイッターで指摘した。

求人労働異動調査では求人数が1150万件に達し、2000年12月の調査開始以来、最高水準となったことも明らかになった。

求人倍率は、この2カ月で7%から7.1%へとわずかに上昇した。これは3月の失業者1人に対して1.9件の求人があったことを意味する。

米企業は現在、人材の確保と定着に苦慮している。特に製造業は人手不足に悩まされている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]