仕事辞めたい! それでも辞表の前に考えてみること

「辞めてやる!」。でも、その前に・・・=Megan Pendergrass/CNNMoney

「辞めてやる!」。でも、その前に・・・=Megan Pendergrass/CNNMoney

ニューヨーク(CNNMoney) 意地の悪い上司、不満足な仕事、退屈な同僚。そして、いつの間にか手には辞表――。「ミレニアル世代」と呼ばれる、初めての定職に就いた20代にこうしたケースが増えているという。人事コンサルティングのリクルートファイの調査によれば、86%が、転職がよく見られないと分かっていても、仕事を辞めることはとめられないと考えているという。

新しい挑戦への準備ができており、別の仕事をぜひとも探したいと思っていても、性急な決断は避けたほうがいいかもしれない。職探しの専門家によれば、しっかりと考えた上での転職はキャリアアップにもつながる。辞表の前に、次のようなことに目を向けてはどうだろうか。

仕事の好きな部分に集中してみる

リー・マクマラン・エイブラムソンさんはアイビーリーグ(米東海岸の名門私立大)のロースクールを卒業し、法律事務所に就職した。しかし、その後、自分が本当に弁護士になりたいとは思っていなかったことに気がついた。

しかし、仕事の一部は楽しかった。書くことだ。そこで、仕事前の午前中や週末に時間を作り、執筆を始めた。約1年後、エイブラムソンさんの作品は米紙ニューヨーク・タイムズに載るまでになった。法律事務所での仕事は続けていた。

「はじめたとき、全くばかげた話だとは感じなかったし、できるかもしれないと考えていた」とエイブラムソンさん。その後、法律事務所は辞めた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]