米ゴールドマン、2月1日までリモートワーク推奨 オミクロン拡大の中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ゴールドマン・サックスが国内の従業員に対し、リモートワークの継続を推奨した/Amir Hamja/Bloomberg/Getty Images

米ゴールドマン・サックスが国内の従業員に対し、リモートワークの継続を推奨した/Amir Hamja/Bloomberg/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米金融大手ゴールドマン・サックスは13日、米国内の従業員に対し、リモートワークが可能な場合は2月1日まで継続するよう推奨した。同社の広報担当者がCNNに明らかにした。

新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、在宅勤務の指示を2週間延長した形だ。

これはゴールドマンが新たに打ち出した保健上の方針に沿った動きとなる。同社は最近、2月1日から米国内のオフィスを訪れる全ての従業員や訪問者にブースター(追加)接種の証明書提示を求める方針を明らかにした。

ゴールドマンは今月2日に送付した社内文書では、1月18日までリモートワークを推奨するとしていた。

他の銀行も同様の方針を打ち出している。

米銀大手バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)は13日、保健上の懸念を理由に、大半の従業員に対して出社を控えるよう促した。

バンカメの広報によると、同行は引き続き状況を注視しており、17日の週の間は大半の従業員がリモートワーク推奨になるという。

米金融サービス会社ジェフリーズも今月、当初の予定を延長して少なくとも1月末までの在宅勤務を推奨した。先月後半にはJPモルガン・チェースが従業員に対し、1月第1~2週の間は在宅勤務の選択肢を提供すると説明。シティグループも仕事上可能であれば在宅勤務を続けるよう通知した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]