インド最大州、小規模農家2100万世帯の借金帳消しに

2017.04.06 Thu posted at 10:37 JST

[PR]

ニューデリー(CNNMoney) インド最大州のウッタルプラデシュ州はこのほど、耕作のための資金を銀行から借り入れた小規模農家2100万世帯あまりの債務を免除すると発表した。

対象となるのは保有する農地が2ヘクタール以下の小規模農家約2100万世帯が抱える債務で、総額はおよそ56億ドル(約6200億円)。このうち70万世帯の借入金は、既に銀行から不良債権と見なされていた。

債務免除はインドのモディ首相率いる与党インド人民党が、困窮する農家の救済策として打ち出した中心的な公約だった。

農家が抱える不良債権はインドで大きな問題となっており、政府は頻繁に救済に乗り出している。2008年には全土で4000万世帯の農家が抱えていた約170億ドル相当の債務が免除された。

しかし今回の措置に対して中央銀行のインド準備銀行は先週、地元メディアに対し、政府が「無秩序な借り入れ」の文化を助長するリスクを招くと批判していた。

メールマガジン

[PR]