トランプ氏がかつて所有のフェラーリ、3000万円で落札

トランプ米大統領が所有していた「フェラーリ」がおよそ3000万円で落札

トランプ米大統領が所有していた「フェラーリ」がおよそ3000万円で落札

ニューヨーク(CNNMoney) トランプ米大統領がかつて所有していた高級スポーツカー「フェラーリ」が3日までにフロリダ州でオークションにかけられ、27万ドル(約3000万円)で落札された。

出品されたのは2007年型の真っ赤な「F430F1クーペ」。トランプ氏が新車で購入し、11年に走行距離わずか3800キロほどで手放していた。

フェラーリは1日5時30分ごろに競り台に上がった。主催の「オークションズ・アメリカ」によると、入札の最高額が24万5000ドルと最低落札価格に届かなかったため、不成立かとみられて台から降ろされたが、その直後に落札されたという。

収集用自動車専門の保険会社ハガティ・インシュアランスによると、F430クーペのオートマチック(AT)版としては過去最高の落札価格になった。

オークションズ・アメリカによれば、同じモデルで有名人とのゆかりがない車は通常、12万5000~17万5000ドルの値で売れる。今回の落札価格は25万~35万ドルと予想されていた。

出品時点の走行距離は9600キロ余りで、トランプ氏の署名が入った所有権利書の写しも添えられていた。売り手と買い手の名前は公開されていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]