4人家族が3.3兆円の所得を申告、政府が調査 インド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インドの最大州が、小規模農家に対し総額56億ドル相当の債務を免除すると発表

インドの最大州が、小規模農家に対し総額56億ドル相当の債務を免除すると発表

ニューデリー(CNNMoney) インド財務省は6日までに、同国西部ムンバイに住む4人家族から、290億ドル(約3兆3000億円)相当の課税対象所得があるとの申告を受けていたことを明らかにした。この額は現地通貨換算では2兆ルピーに当たる。

インドでは課税逃れの摘発が進められており、政府は今年9月まで、違法所得を自主的に申告した場合、申告者はその55%を保持できるとする税金恩赦プログラムを実施していた。今回の額はこの期間内に申告があったという。

同プログラムで他の7万2000人近くが申告した額の合計は98億ドル。今回の申告額はその3倍に当たる。インドで最も裕福な人物の資産総額は推定227億ドルだが、申告額はこれよりも多い。

この家族が税金恩赦プログラムで多額の申告をした理由は現時点では不明。政府は「つつましい」家族のものとしては不審な点があるとして申告を受理せず、調査に乗り出している。

インドのモディ首相は同国における腐敗と課税逃れを一掃することを使命に掲げてきた。インドでは人口の2%以下しか所得税を払っておらず、政府は毎年、数千億ドルの歳入を失っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]