牛の尿で病気を治す? インドの慣習、政府が「効果」調査へ

2017.02.16 Thu posted at 12:11 JST

[PR]

ニューデリー(CNN) インドではヒンドゥー教で神聖な生き物とされる牛の尿に病気を治す効果があると信じられており、医薬品や日用品などに牛の尿由来の原料が使用されている。しかし実際の効果について科学的な検証がなされてこなかったことから、同国政府はこのほど委員会を立ち上げ、信仰に基づくこうした習慣に関する調査を行う方針を明らかにした。

委員会は牛に関する全国規模での調査を目的に、月内にもニューデリーにあるインド工科大学内に設置される予定。調査対象としてまず提案されているのが、がんやデング熱といった様々な疾病に対する牛の尿の効果だ。

委員会の責任者を務めるインド工科大学のカビャ・ダショラ准教授は「牛の尿に抗ウイルス効果があるとする説は広く普及している。それを科学的に証明する必要がある」と述べた。委員会ではこのほか、牛乳の品質を調査して、全国的な基準を設定する取り組みなども進めるという。

インドで多数を占めるヒンドゥー教徒は牛を神聖視し、牛乳や「ギー」と呼ばれるバターの一種を宗教儀式で用いたりする。このほか牛の尿にも健康増進や病気を治す効果があると考えられている。国内には牛の尿を治療に使う医院のほか、牛の尿に由来する飲料や洗剤を扱う医薬品ブランドがあり、具体的な市場規模は不明ながら、一産業として活況を呈している。

前出のダショラ准教授は、牛の尿を利用する習慣について「インドの文化の一部ではあるが、だからといってよく調べもせずに消費していいという話にはならない」と語った。

メールマガジン

[PR]