食肉の抗生剤使用、飲食大手が軒並み「不合格」 米調査

食肉への抗生剤使用について、米ファストフード大手を対象とした調査が行われた

食肉への抗生剤使用について、米ファストフード大手を対象とした調査が行われた

(CNN) 米ファストフードチェーン店などのメニューに使われている食肉の抗生剤使用状況について、大手25社を対象に実施した調査で、大多数が「不合格」と評価された。「フレンズ・オブ・ジ・アース」をはじめとする6つの消費者団体、環境団体が15日に発表した。

これらの組織は、各ファストフード店や飲食チェーン店の抗生剤使用状況や使用ポリシーについて、ウェブサイトに掲載された情報やメニューをチェックしたほか、電子メールや郵便で問い合わせるなどの方法で調査した。

その結果、抗生剤を定期的に使うことなく育った家畜の肉を主に使用していると報告して「A」評価を獲得したのは、飲食チェーンを展開するチポトレとパネラブレッドの2社のみだった。

チキンサンドイッチチェーンのチックフィレイは、2014年に鶏肉から抗生剤を排除すると表明しており「B」評価を獲得。ダンキンドーナツとマクドナルドは「C」評価だった。

マクドナルドは鶏肉の抗生剤使用制限を打ち出して期限も明示している。一方、ダンキンドーナツは全食肉を網羅する方針を打ち出したものの、期限は明示していない。

残るサブウェイ、ウェンディーズ、バーガーキング、デニーズ、ドミノ、スターバックス、ピザハット、KFC、デイリークイーンなどは、いずれも不合格の「F」評価だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]