従業員、ひき肉機に引きずり込まれ間一髪の命拾い 米の工場

(CNN) 米カリフォルニア州サンルイスオビスポの消防当局は19日までに、同地にある肉加工処理工場で男性従業員がひき肉機内に誤って引きずり込まれ、頭部などが刃先に襲われる寸前に救い出される騒ぎがあったと報告した。

男性は腕を折るなどのけがを負った。地元のCNN系列局KEYTは消防当局の責任者の話として、救出が遅れたら、男性の頭部や首がひき肉機の刃先に当たっていただろうと伝えた。

消防当局などによると、作業着のコート姿の男性はひき肉機からつまった肉を引っ張りだそうとした際、コートの長袖部分がはさまったとみられる。その後、体ごと引きずり込まれていた。

男性が叫び声を上げたところ、同僚が急行し、男性の足が機械の中から伸びているの見付け、間一髪で機械を止めていた。消防士撮影の画像では、男性が腰部分まで機械の中に入り込んでいる姿が映し出されていた。

油圧式の道具を使ってひき肉機の刃先を引き離し、男性を助け出した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]