旅客機が滑走路で「牛」と衝突 インドネシアの空港

(CNN) インドネシア東部スラウェシ島ゴロンタロ州の行政当局は8日までに、同国のライオンエア航空機が州内の空港に着陸した際、滑走路上にいた「牛」1頭と衝突、同機が滑走路を逸脱して停止する異例の事態が起きたと報告した。

同航空の米ボーイング社製737-900型機に搭乗していた乗客110人にけがはなかった。牛は衝突の衝撃で死んだ。

衝突が起きたのはジャラルディン空港の滑走路で、首都ジャカルタ発の同便が6日夕に着陸した際、滑走路上でうろついていた牛3頭のうちの1頭とぶつかった。

この影響で一部フライトが欠航となり、空港も一時閉鎖された。空港業務は7日に再開されている。

同州のハビビエ知事は地元紙ジャカルタ・ポストにジャラルディン空港では以前から敷地を取り囲むフェンス整備に問題があったと指摘。ライオンエアは知事に、動物、特に犬がしばしば滑走路に入り込んでいるとの苦情を伝えていたという。知事は、早急に解決しなければならない問題だと強調した。

ライオンエアの旅客機は今年4月、インドネシア東部のリゾート地バリ島で滑走路を外れ海に突っ込む事故も起こしていた。乗客101人と乗員7人が搭乗しほぼ全員が無事に避難したものの、数人が負傷していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]