豪シドニーで洪水被害、1年半で4回目 3万人以上に避難命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大雨で住民に避難命令 豪シドニー

豪ブリスベン(CNN) オーストラリア東部で数日前から大雨が続き、シドニー周辺の住民に避難命令が出た。この地域の洪水は今年3月に続き、過去1年半で計4回目だ。

同市を州都とするニューサウスウェールズ州の東部は4日の時点で、48時間の雨量が500ミリを超えた。

気象当局者によると、一部地域では雨量が7月全体の平均降水量を上回っている。

シドニー西郊のワラガンバ・ダムは3日午前2時からあふれ始め、一時はシドニー湾の海水と同じ量の水が流出した。

また内陸部では風速約28メートルを記録。沿岸部でも波の高さが5メートルに達し、強風警報が出た。

州緊急対策当局は4日、雨が今後さらに続くとの警告を発した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]