パキスタンでコレラ感染拡大、記録的な猛暑が水不足に拍車

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
暑さをしのぐために歩行者に水をかけるボランティア=16日、パキスタン・カラチ/RIZWAN TABASSUM/AFP/Getty Images

暑さをしのぐために歩行者に水をかけるボランティア=16日、パキスタン・カラチ/RIZWAN TABASSUM/AFP/Getty Images

(CNN) 記録的な熱波に見舞われているパキスタンで、飲料水の汚染を原因とするコレラの感染が広がっている。パキスタンや隣国インドではここ数週間、各地で記録的な猛暑を観測。気候変動がもたらした異常な熱波が水不足に拍車をかけ、何百万人もの生命が危険にさらされている。

パキスタン南西部バルチスタン州衛生局によると、コレラの最初の症例は同州の山間部の町で4月17日に確認された。以来、感染者は2000人を超え、これまでに6人が死亡した。

現地の住民は、きれいな飲み水が確保できないと訴えている。今年は雨が降らず、近隣の池は干上がった。唯一の供給源となった水道管はさびついて水の汚染を引き起こしているといいい、「住民たちは汚い水を飲むしかない」と住民の男性は話す。

シャバズ・シャリフ首相は同地のコレラ感染拡大を食い止めるために緊急対策を指示。軍を動員してきれいな飲み水を供給するための移動式給水タンクの搬入や、患者の手当てをするための医療キャンプの設置を支援している。

コレラは急性のげりを引き起こす疾患で、コレラ菌に汚染された食品や水を通じて感染が広がりやすく、世界で毎年数千人が死亡している。気候変動に伴う気温の上昇は、コレラのような危険な病原菌の感染拡大に拍車をかける。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]