習主席、ウクライナ危機調停に意欲 独仏首脳と電話会談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシアのプーチン大統領(左)と中国の習近平・国家主席=2月4日/ALEXEI DRUZHININ/Sputnik/AFP/Getty Images

ロシアのプーチン大統領(左)と中国の習近平・国家主席=2月4日/ALEXEI DRUZHININ/Sputnik/AFP/Getty Images

(CNN) 中国の習近平(シーチンピン)国家主席は8日、ドイツ、フランス両国首脳との電話会談で、ウクライナでの戦争を調停するために中国が国際社会と「積極的に動く」と表明した。ただ、詳細には踏み込まず、西側の対ロシア制裁に反対する姿勢を繰り返した。

中国外務省の声明によると、習主席はドイツのショルツ首相、フランスのマクロン大統領との電話会談で、ウクライナの状況は「憂慮すべきもの」であり、「ヨーロッパ大陸で再び戦争が勃発したことを深く悲しんでいる」と述べた。

「中国はフランス、ドイツ、欧州連合(EU)と意思疎通と協調を保ち、国際社会と積極的に協力していく」と声明にある。

中国外務省によると、ショルツ首相とマクロン大統領は和平協議の推進で中国政府との意思疎通と調整を強化する用意があると述べたという。

中国とロシアは西側諸国に対抗する戦略的利益を共有しているが、中国はロシアの攻撃を直接非難したり、制裁を加えたりしていない。しかし、世界各国からの制裁で経済的打撃を受けているロシアを急いで助けようともしていない。

中国は一貫してウクライナ戦争をロシアの侵略と呼ぶことを拒否しており、北大西洋条約機構(NATO)の東方への拡大が紛争の根本的原因だと指摘している。これはロシアの主張の受け売りだ。

声明によると、習主席は和平協議を支援する必要性を強調し、「協議を継続して平和的な成果をもたらす」よう両首脳を奨励した。

また、大規模な人道危機を防ぐために「最大限の自制」を行うよう当事者に求め、ウクライナにさらなる人道支援物資を提供する用意があると述べた。

習主席は会談で欧米の制裁を再び非難し、「パンデミックですでに衰退している世界経済をさらに弱らせることになる」と警告した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]