香港警察、民主活動家4人を逮捕 天安門事件追悼集会の運営メンバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「香港市民支援愛国民主運動連合会」(支連会)の鄒幸彤副主席/Anthony Kwan/Getty Images

「香港市民支援愛国民主運動連合会」(支連会)の鄒幸彤副主席/Anthony Kwan/Getty Images

香港(CNN) 香港警察は8日早朝、民主派の団体に属する活動家4人を逮捕した。警察の命令に従わず、国家安全保障に関する情報の提出を拒んだためとしている。

当該の団体「香港市民支援愛国民主運動連合会」(支連会)は、毎年香港で開催される天安門事件の追悼集会を運営している。

CNNが先月下旬に確認した書簡によると、警察は支連会の資金やメンバーについての詳細な情報を求めていた。同団体が「外国のエージェント」として活動しているとの告発に関係した対応で、事実であれば中国政府が昨年導入した香港国家安全維持法(国安法)に違反するとしている。

書簡では支連会に対し、14日以内に情報を提出しなければ最大で禁錮6カ月の刑を受けることになると警告していた。

支連会によると、逮捕されたのは鄒幸彤副主席と常任委員会のメンバー3人。

鄒氏は8日早朝、ソーシャルメディアへの投稿で、警察が自宅のドアのベルを鳴らし、ドアを開けようとしていると明かしていた。

CNNは香港警察にコメントを求めたが返答はない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]