欧州南部の各地で山火事、サルデーニャ島は「前例ない災害」

火災被害に遭ったサルデーニャ島の丘。住民1000人が避難する事態に/Alessandra Chergia/KONTROLAB/LightRocket/Getty Images

火災被害に遭ったサルデーニャ島の丘。住民1000人が避難する事態に/Alessandra Chergia/KONTROLAB/LightRocket/Getty Images

(CNN) 欧州南部で大規模な山火事が広がり、スペインやギリシャの地方部で被害が出ている。イタリアのサルデーニャ島では約1000人が自宅からの避難を余儀なくされた。

サルデーニャ州は25日、「前例のない災害」を理由に、非常事態宣言を出した。

サルデーニャ州のソリナス知事は26日の声明で、同島オリスターノ地域で進行中の火災についてまだ被害の評価ができないと言及。「草木が破壊され、企業や民家が焼け、動物たちが死んだ」と述べた。

サルデーニャ島で焼け焦げた車。州は非常事態を宣言した/Alessandro Tocco/LaPresse/AP
サルデーニャ島で焼け焦げた車。州は非常事態を宣言した/Alessandro Tocco/LaPresse/AP

その後報道官は27日、CNNに対し、焼失面積は現時点の推計で2万ヘクタール前後だが、依然として当局が被害を見極めている状況だと述べた。大半の火は消し止められ、現在は再出火防止に必要な措置を講じているという。

同州はここ数日、人員7500人や航空機20機超を消火活動に投入した。イタリアの隣国からは支援が寄せられており、フランスとギリシャが消火活動を支援する航空機4機を派遣した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]