イスラエル軍空爆で死傷者100人近く、ハマス幹部の自宅も爆撃 ガザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ガザ北郊の町ベイトラヒアでロケット弾を迎撃するイスラエルの防空システム「アイアンドーム」/Anas Baba/AFP/Getty Images

ガザ北郊の町ベイトラヒアでロケット弾を迎撃するイスラエルの防空システム「アイアンドーム」/Anas Baba/AFP/Getty Images

イスラエルのガンツ国防相は15日のツイートで、事態をエスカレートさせるつもりはないが、どんなシナリオにも対応する用意があると述べた。ネタニヤフ首相も16日、「秩序回復のためにあらゆる手段を講じる」と表明し、ある程度の時間がかかるとの見通しを示した。

ネタニヤフ氏は15日、民間人の犠牲を回避するよう努めていると強調した。だがパレスチナ保健省によれば、ガザではこれまでに少なくとも子ども58人、女性34人を含む死者197人、負傷者1225人が報告され、人数はさらに増えると予想されている。

衝突の激化を受けて、国連安全保障理事会は16日に緊急会合を開いた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]