イスラエル軍空爆で死傷者100人近く、ハマス幹部の自宅も爆撃 ガザ

(CNN) イスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスの衝突は16日も続き、イスラエル軍がハマスのガザ地区トップ、ヤヒヤ・シンワル氏の自宅を爆撃した。パレスチナ側によると、ガザでは同日、イスラエル軍の空爆で100人近い死傷者が出た。

シンワル氏は2017年からガザ地区の指導者を務めている。イスラエル軍の報道官は、16日早朝にガザ地区南部ハンユニスにある同氏の自宅を攻撃したが、本人にけがはなかったと述べた。

一方パレスチナ保健省は、ガザで16日午前、イスラエル軍による空爆が2回あり、子ども8人を含む少なくとも43人が死亡、女性や子どもら50人が負傷したと発表した。

イスラエルの空爆後にがれきから生存者や遺体を探すパレスチナ人の消防隊=16日、ガザ/Mohammed Abed/AFP/Getty Images
イスラエルの空爆後にがれきから生存者や遺体を探すパレスチナ人の消防隊=16日、ガザ/Mohammed Abed/AFP/Getty Images

イスラエル軍は16日朝、ハマスの軍事部門が15日午後7時から16日午前7時までの間にロケット弾120発を発射し、このうち11発はガザ側に着弾したとツイートした。軍報道官は同日、ハマス側のロケット弾発射機数十台を攻撃したと述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]