収監中のマフィアボス、看守の指を噛みちぎる イタリア

ローマのレビッビア刑務所で収監されていたマフィアのボスが看守の指を噛みちぎる事件があった/Sisto/Fotogramma/ROPI/Zuma

ローマのレビッビア刑務所で収監されていたマフィアのボスが看守の指を噛みちぎる事件があった/Sisto/Fotogramma/ROPI/Zuma

(CNN) イタリアの首都ローマの刑務所で、収監中のマフィアのボスが看守の指を噛(か)みちぎる事件があった。イタリア司法省の報道官がCNNに明らかにした。

報道官によると、襲撃はローマのレビッビア刑務所で6月に発生。シチリアマフィアのジョゼッペ・ファナーラ受刑者(60)は終身刑の判決を受けて服役中だった。

看守が6月17日午前8時ごろ監房に入ったところ、ファナーラ受刑者は看守を襲撃。監房の床は洗ったばかりでぬれていたため、両者は足を滑らせ、床に倒れ込んだ状態でもみ合いを続けた。その中でファナーラ受刑者が看守の手を噛んだという。

他の看守数人が監房内に制止に入り、同僚を助けようとしたが、襲われた看守はすでに右手の小指を失っていた。

この看守は刑務所担当医師の手当てを受けた後、ローマ市内の病院に搬送され、翌日手術を受けた。

内務省によると、ファナーラ受刑者と他のマフィア構成員5人は1992年にシチリアで憲兵を殺害したとして、終身刑を言い渡されていた。

報道官は、ファナーラ受刑者は事件を受けて別の刑務所に移送されたとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]