タイ洞窟の救出劇、少年に麻酔薬を投与 医師が明かす

洞窟からの救出に当たり、少年たちに麻酔薬を投与していたという/HANDOUT/AFP/Getty Images

洞窟からの救出に当たり、少年たちに麻酔薬を投与していたという/HANDOUT/AFP/Getty Images

(CNN) タイで昨年7月、水没した洞窟から少年12人とコーチ1人を助け出す作戦にかかわった医師が、困難で危険な潜水作業を乗り切るため、少年たちに麻酔薬のケタミンを投与していたことを明らかにした。

ケタミンは別名「スペシャルK」と呼ばれ、パーティードラッグとしても知られる。

救出劇に関する詳細は、タイの医師とオーストラリアの麻酔専門医が4日の医学誌に共同で発表した。それによると、少年たちはケタミンを投与され、救助隊のダイバーによって洞窟の外へ搬送された。

タイ海軍特殊部隊の司令官は当時、「子どもたちがパニックを起こさないようにする手段を使わなければならなかった」と話していた。

医師らによると、少年たちはフルフェイスマスクを着けて酸素の供給を受け、ウェットスーツを身に着けていた。

救出直後に現場で行った応急処置の内容も明らかになった。最初に助け出された4人はまず目を保護するためのサングラスをかけ、狭い洞窟をくぐり抜ける際に脊髄(せきずい)を損傷した可能性も考慮して、頭部と首を固定され、低体温症を予防するため毛布でくるまれた。

2番目に脱出した少年は体温が35度に低下して、病院へ搬送される途中で低体温症を発症した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]